FC2ブログ
「英会話ができるようになりたいが、何から勉強すれば良いですか」

英会話学習をこれからスタートしようとする人は、中学英語から学習することをおすすめします。
日本語に置き換えてみると理由がわかります。
普段私たちが会話している内容も小学生くらいまでに身に着けた日本語レベルで会話をします。
実際に英会話で使われている英語は、中学レベルの構文が多いのです。
資格学習においてもそうですが、英文法は勉強が進むと汎用性が低くなっていくものです。
例えば、in order to + 動詞の原型(~するために)という形は頻繁に使われるが、学習が進むと
出てくる比較級のイディオムのno more... than~のような構文が、実際の英会話やメールで使われる
ことはほとんどありません。
だからこそ、汎用性の高い中学英語を身に着けることが大切なのです。

まずは、中学~高校初球の英文法を目標に英語学習を始めましょう。
When you start learning English again, you should start from junior high level.
スポンサーサイト



2019.05.08 Wed l 英会話コース l コメント (0) l top
長文読解がなかなか伸びない英語学習者へ。
今日は、英語長文読解力を上げるために、数学に似たトレーニングをご紹介していきます。
「自分で問題を作ってみてください」
「長文を読みながら各段落の要点を見つけ、その要点を解答とした問題を作成してみる」
数学の帰納法に近いことをやってみるのです。
教科書で勉強する皆さんは、ひたすら公式を覚え、覚えた公式を利用して問題を解きます。
ただ、なかなか公式が覚えられない人が多いといわれています。
それは、その公式がどのようにして成り立っているか考えながら覚えないからです。
英語の長文読解も同様です。
問題作成者は、はじめにその長文を読み、問題を作成します。
一般的に問題を作成する際、要点となる部分、また登場人物の動きを問題にすることが簡単とされています。
その訓練として、南田外語塾では受講者に実際に問題を作成してもらいます。
最初は、回答者にとっても解きやすい問題を作成しますが、回答者が解きづらい問題も作成される受講者もいます。
それはそれで、問題を深く読めている証拠です。

このトレーニングをすることで、タイトルを読み、問題文を見ただけで、長文の内容を想像することができます。
講師も問題を作成するようになり、速読レベルが「180語/分」から「250語/分」に上がったと言っております。
要点を見つける訓練をすると、与えられた選択肢の中から答えをピンポイントで見つけられるようになります。
選択肢を2つに絞った後、答えを選択することができない人はこの訓練を続けてみてください。

問題を解いていく中で、必ず受講者の苦手とする部分が出てきます。
南田外語塾では、講師がその問題点を聞き、一緒に問題点を解決するための対策(訓練)をすぐに打ちます。
受講者は、苦手分野に楽しみを持てるようになります。
講師はこれまで多くの受講者を見てきました。
お陰様で、その分たくさんの悩みに対する解決策を見つけることができるようになりました。
まずは、いつでもお気軽にご連絡ください(^∇^)ノ
2019.05.06 Mon l 英語学習 l コメント (0) l top
「英検~級を合格するためにはどれくらい勉強すれば良いですか」
今日はこちらのご質問お答えする。

南田外語塾において・・・
最初の1カ月(約4回の授業)で受講者の大まかなレベルを把握する。
英検2級からスタートする人は良しとして・・・
いきなり英検準一級を受験し、失敗してきた人をたくさん見てきた。
何をするにも、準備運動が必要である。
南田外語塾に来た最初の1カ月でいかに密な計画を立てられるかで合格への最短期間が決まる。
「計画(勉強法)はいいから、とにかく勉強量を!」
そういう人たちが穴の開いたバケツに水を注ぐような勉強をしてきた。
本番前には、試験を解くための「水」がなくなっている。

毎回の授業において講師は「本棚」をイメージさせる。
何もないまっさら本棚にこれから知識という参考書を買って、本棚(脳)に整理整頓していく。
整理した本は常に整頓され、いつでも試験に臨める状態にしなければならない。
整理:無駄なもの、不要なものを処分すること(計画をしっかりと立て、目標に向かって勉強すること)
整頓:必要なときに必要なものを取り出せる状態にすること(試験等のアウトプット対策)
自身でレベルの高い人と過剰評価をしている人ほど、そこにはとんでもない落とし穴がある。
焦らず自分にあったやり方を講師と見つけ地道に勉強を進めてきた受講者が、「合格」をつかんできた。

前置きが長くなってしまった。
今後の受講者の勉強期間の目安としてほしい。
<合格までの勉強期間~in南田外語塾~>
・英語初学習者は、最短で1年間の学習を行うのが望ましい(英語基礎の土台作り)。
※仮に半年で取得した人は、次の英検準1級で必ず苦戦する
・英検2級取得者(英検2級レベルの英単語9割、英検準1級レベルの英単語4割を取得している、
及び十分な英文法が備わっている)で半年間の英語学習が必要と思われる。
※取得しても上記のレベルが備わっていない場合は、プラスの勉強量が必要である
・英検準1級取得者(英検準1級レベルの英単語8割、英検1級レベルの英単語3割を取得している、
及びほぼ完璧な英文法力が備わっている)で1年間の英語学習が必要と思われる。

悩み相談からでも構いません。
自身の英語力をさらに伸ばしたいと考えている方は、ご連絡ください。
2019.05.03 Fri l 英検コース l コメント (0) l top
がんばっている受講者からたまに聞く弱音…
「英語を勉強する気がなくなりました」
そのときの講師の答えは一つ
「いったん休憩しよう。やりたくなったらまた勉強すれば良い」

ただ一度やめてしまったら取り返すのに莫大な時間を要する。
その受講者の夢は高校の先生になること。
目的は、教員採用試験に合格すること。
そのために、英検1級合格という目標を立てている。
やめる人の傾向として、「学習が単調になってしまう」ことがある。
まずは、小さな目標をたくさんつくることが大切だ。
TOEIC、TOEFL、IELTS等世の中にはたくさんの資格試験がある。
モチベーションのキープのために、たまには違う方向からゴールを目指してみるのも良いかもしれない。
ただし、資格試験のためだけに、英語を勉強するのはやめよう。
特に、TOEICテストは主に「読む力・聞く力」が試される試験だ。
四技能の力を確かめる意味でも、SW試験も並行して受けることをすすめている。
スピーキングテストでは、音読をはじめ、写真、身近な問題、提示された資料等に関する説明、
問題解決策の提案、あるテーマに関係するプレゼンテーション等が試される。
受講者の中で、「将来は海外で生活したい」、「英語を使って仕事をしたい」という声を聞く。
そういう受講者にとっても、アウトプットの資格試験は欠かせないのである。

~講師からのワンポイントアドバイス~
スピーキングをする際、日本語を英語に変換する「変換作業」だけに意識が集中してしまい、
中身のない会話をしてしまう人が多い。
勉強したばかりのころは誰でも通る道だ。
もちろん、日本語で自身の意見を明確にできない人は英語でもできるはずがない。
理論とは自身の主張を押し通すことではない。
世の中のあらゆる情報をもとに、個々の現象を法則的、統一的に説明できるように筋道を立てて
組み立てることである。
自分の意見が確立しすぎている人ほど他人の話を聞けない傾向があり、人の話を柔軟に聞ける人
ほど他人の意見に流されてしまう傾向がある。
本当に強い人は、「プライドを心に秘め、そのプライドを決して表に出さない人」である。

上には上がいることを常に忘れてはならない。
今の自分の位置に感謝し、前に進み続けよう。
2019.04.28 Sun l 英語 l コメント (0) l top
パートナーと英会話学習を上手にするには、自分から会話を主導する必要がある。
言葉のキャッチボールとは、受け取った言葉というボールを相手に再び投げ返して成り立つものである。
そこでおすすめしているのが「写真説明」!
皆さんが持ってらっしゃる携帯電話で話したい内容の写真を撮る。
それをパートナーに見せながら話を進める。
これを分野ごとに整理すると会話の幅が広がる。
例えば、「食事」、「スポーツ」、「旅行」、等
学校という閉ざされた空間では、会話の内容が限られたものになりがちだ。
写真を使うことで、さまざまなテーマで英語で説明する絶好の機会をつくることができる。
英語の四技能を強化する上で、物事をいかに映像化できるかは欠かせない。
近年では、写真を使った説明問題は、TOEICテストでもリスニングパート、スピーキングパート、ライティングパート
の3部門で出題され、写真説明は試験対策としても効果抜群だ。

「物事をいかに映像化できるか」
そのための手段として、「撮った写真を説明する」学習法をご紹介いたしました。
「意義のある内容を楽しく」
南田外語塾で心がけていることです。
皆さんも試してみてください♪(o・ω・)ノ))
2019.04.27 Sat l 南田外語塾について l コメント (0) l top